パテ処理

こんにちは
!愛知県海部郡や名古屋市などの地域で、塗装工事を手掛けている株式会社信和建装です。

今回は「パテ処理」の様子をご紹介いたします。

パテ処理とは、下地の表面の段差や凹凸を平滑にするための処理のことです。
内装工事をする際に、壁紙などを貼る前にパテ処理を行います。

パテは硬いペースト状の充填材で、炭酸カルシウムや石膏の粉末、樹脂を混ぜてペースト状にしたものです。

パテにも様々な種類があり、粉状の物に水をと練り合わせて使うパテや、最初から既に練られていて、水を配合して硬さを微調整して使うパテもあります。
このパテは壁面の欠損補修や、ボードが貼られた軒天、室内天井、室内壁面の隙間を埋める際に使われます。

いかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

▲TOPへ